アルバート邸ブログ


紫陽花から向日葵へ

2019.06.24

みなさまこんにちは!

本格的な夏に向かって
アルバート邸の風景は一雨ごとに深緑へと
美しく変化しています。

春を象徴する花々も大好きですが、
初夏のお花も大好きです。

そして6月を象徴する
美しい花といえば紫陽花ですね。

ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館の中庭も
紫陽花の花が名物のようですね。

開花したての鮮やかな色から秋色の紫陽花へ
時間と共に色の変化もとっても素敵でした。

a0067582_6181878.jpg
20120625_2243767.jpg

一方 日本では大切な雨の季節。

この季節、恵みの雨降るアルバート邸の風景もロマンチックですが。。。
ウエディング当日は時間があればお空と雲とにらめっこ。

0007.jpg
0015.jpg
お二人のご準備中に
雨が上がって
美しい光が差してくると
"よしっ 神様ありがとうございます"と心の中でつぶやきます。
0017.jpg
0025.jpg
2010.jpg
0026.jpg
恵みのシャワーを浴びたガーデンの紫陽花たち。
透明な光が差して、東洋のバラと呼ばれる美しさがさらに増します。

そしてブーケや会場のお花、ご贈呈用の花束、カラードレス、
紫陽花たちに囲まれるウエディングシーンはとってもロマンチックです。
0040.jpg
0068.jpg
0574.jpg
270.jpg

幸せなウエディングがお開きになった時 
メインテーブルのお花をお客さまへラッピングさせていただいていると、
ご親戚のおばさまがそっとお越し頂いて、
メインテーブルの紫陽花を
挿し木にして今日の記念に育てますと。。。素敵ですね。

紫陽花って派手ではないけれど
清楚でエレガント、ロマンテックな花ですね。

みなさまも素敵な紫陽花に出会えますように。

Hagiwara





ページトップ